banner

突然のお葬式で失敗しない方法

訃報というのは、ある日突然に訪れます。平日などの場合には、お仕事が忙しくて告別式に出られずにお通夜だけになってしまうといったケースも多いのですが、お通夜にせよ告別式にせよ、お葬式には色々と難しい部分があります。故人の宗教であったりお葬式の規模、故人の住んでいる地域によってマナーが喜ばれる内容が微妙に違っていますので、気持ちばかりが急いてしまうと、普段では考えられないような失敗をしてしまう事もあります。

もちろんそれは参列者だけでなく遺族の方も同様です。これまで何度か喪主になった事があるという方や、遺族としてお葬式を執り行う側になった経験があるような方でしたら問題無いかもしれません。しかし、これまでそういった経験はおろか、お葬式自体に参列した経験も数えるほどという方の場合には、急な親しい人の死に加えて、お葬式の準備などはどこから手を付けたら良いかわからなくなってしまう可能性も十分に考えられます。あまり考えたくはありませんが、親しい人や近い人がお亡くなりになってしまった場合を想定して、事前にできる事は、しっかりと準備しておくというのもとても重要になります。

自分が参列者として参加するような場合には、まずはお通夜と告別式が一体どのような物であるのかを、しっかりと確認する事が重要になります。お通夜と告別式は、それぞれどのような事をどのような順番で行うのかをあらかじめ確認しておく事によって、現地で大きなトラブルを防ぐ事ができます。当然ながらお声がけの内容であったり、マナー、服装、髪形、アクセサリーなどはお葬式でも恥ずかしくないように一通りマスターしておかなければなりません。もちろん遺族の側であっても、それらに精通していなければ恥をかいてしまうことになります。最近では、お葬式自体も大分ゆるくなってきていますし、家族葬などでしたら、故人の遺言に沿った形式になることが多いので、基本を押さえておけばいくらでも応用がききますので、まずは基本を知る事から始める必要があります。

そこでこちらのページでは、お葬式に参列する事になった時などに、事前に知っておくと便利な情報をご紹介します。お葬式関係の知識はとにかくたくさんあり、どれを覚えたら良いかわからない方も多いと思いますので、とりあえずこれだけ覚えておけば乗り切れるといった最低限の知識を紹介しますので、お葬式まで時間がないという方にもおすすめです。

お知らせ

[2018年07月09日] ホームページを更新しました。

Copyright©2019【突然のお葬式で失敗しない方法】 All Rights reserved.